自動車振興会健康保険組合

自動車振興会健康保険組合

Loading
文字サイズ
  • 小
  • 中
  • 大

家族の加入について

健康保険では、被保険者だけでなく、被保険者に扶養されている家族にも保険給付を行います。この家族のことを「被扶養者」といいます。被扶養者として認定されるためには、「家族の範囲」と「収入」について一定の条件を満たしている必要があります。

POINT
  • 被扶養者となるためには、健康保険組合の認定を受けなければなりません。
  • 被扶養者の異動があった場合は、5日以内に届出をしてください。

家族の範囲

被扶養者となれる家族の範囲は、三親等内の親族と決められています。さらに、同居・別居により、条件が異なります。

  • ※平成28年10月1日より、兄姉の認定条件について、「同居」の条件がなくなりました。

収入の基準

被扶養者となるためには、「主として被保険者の収入によって生活していること」が必要です。

同居している場合 別居している場合
対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、被保険者の収入の2分の1未満であること 対象者の年収が130万円(60歳以上または障害者は180万円)未満で、かつ、その額が被保険者からの仕送額より少ないこと

被扶養者の認定について

フリーターの息子・娘は被扶養者のままでいいの?
健康保険法では、被扶養者の要件として「主として被保険者により生計を維持する者」と規定されています。これとは別に、被扶養者認定の際の「年収限度額」として130万円未満(60歳未満の場合)という数字が示されています。これは法律ではなく通達で示されているもので、実態にそぐわない場合は、具体的事情に照らし、もっとも妥当な認定を行なうよう健保組合の裁量を認める内容になっています。
したがって、「年収限度額」以内であれば無条件で被扶養者に認定されるということではありません。当組合では、配偶者や未成年のお子様を除き、法律で規定された「主として被保険者により生計を維持する者」かどうかを重視して被扶養者の認定を行っています。
特に、稼動年齢のお子様の場合は、その年齢、収入、就労形態などを勘案し認定の可否を判断させていただいております。

被扶養者の異動(変更)があったら

結婚や出産などにより被扶養者が増えたときや、就職や別居、死亡などで、それまで被扶養者に認定されていた家族が被扶養者の認定基準を満たさなくなった場合は手続きが必要です。なお、当組合では毎年、被扶養者の資格を確認するための検認を行っています。

ページ先頭へ戻る